オープン・リニューアル情報局

Back

(仮称)銀座5丁目プロジェクト

2015年度(2016年春)開業予定。開発コンセプトは、「Creative Japan~世界は、ここから、おもしろくなる。~」

数寄屋橋交差点にて、地下2階~地上11階部分の13フロアを店舗とし、地下2階部分で東京メトロ銀座駅と地下コンコースで直結、全館で約120店舗の出店を予定しており、アパレル、雑貨、食物販、飲食等の幅広いカテゴリーを凝縮した銀座エリアでは希少な大型商業施設となります。東急ハンズの新業態店を検討している他、東急百貨店による新業態のセレクトストアを誘致する予定です。
建物の外観は、伝統工芸である「江戸切子」をモチーフにしたシンボリックなデザインとし、建物内部や屋上部には憩いと賑わいを創出するパブリックスペースを設置、日本及び海外の情報・文化の発信拠点として銀座・東京の新たなランドマークとなることを目指します。

↑クリックで大きなフロア構成図を表示します

6階アトリウムは、数寄屋橋交差点に面した高さ約27mの大吹抜け空間です。伝統工芸の「江戸切子」をモチーフにしたガラスの内部から銀座エリアの夜景を楽しむことができます。開発コンセンプト「Creative Japan~世界は、ここから、おもしろくなる。~」を随所に踏襲したデザイン環境空間にはカフェも併設する予定で、パブリックに開放されたスペース内でドリンクや軽食も楽しむことができます。



また、建物屋上部分には、誰もが気軽に利用できるパブリックな憩いの場として約 1,000 ㎡の一大オープンテラスを計画。更にテラス内には2つの異なるゾーンを設置し、その日の気分に合わせ好きなスペースを利用できる予定です。地上約 56mから銀座エリアの景色を一望できます。


なお、こちらのブログには2015年2月の進捗状況写真がたくさん掲載されています。
(仮称)銀座5丁目プロジェクトの進捗状況 2015年2月1日
また、当社で撮影した2015年4月13日の進捗状況写真ギャラリーを作成しました。

施設詳細とアクセス

銀座・日本橋関連情報

銀座朝日ビル(仮称)
COREDO室町2、COREDO室町3
銀座六丁目10地区第一種市街地再開発事業